読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

p1*[岡村郁生(おかむら いくお)]1.春夏秋冬


季節の無い国もあるなかで、季節のある国に生まれてきた。
四季を通じて感覚を磨いていける国に住んでいるのだ。

もしあなたが「操体法」を行う上で、四季を忘れているなら
季節を感じさせてみる、季節感を生かせるような、
四季折々の味わいある「操体法」を取り入れてみよう!

食べ物の秋になる前に、香りを意識して皮膚に相談すると
十数年ほど前、三浦理事長から聴いた文章がヒビいてきた。


「新しい真実は あなたが知らないうちに死んでしまう

 だから 機会があったら”急いで”行動しなさい。

 新しい考えは あなたにとって唯一のチャンスだ

 発達し 成長し ほんとうの自分らしさになれる

発達とは 君自身の考え方のいくつかを 

“ちょっとだけ”かえること 

 ”変えていくこと” それでいい」

<青春>
興奮冷めやらぬ状態で来たら、春をあげよう。
「足趾の操法Ⓡ」で柔らかな芽吹く若葉の裏側の如く。

<朱夏>
気分上下のあり過ぎた人には、夏をあげよう。
時の海にたゆたう様な間に、納まりゆく快が如く。

<白萩>
微睡みつつ減り張りの弱い感方には、秋をあげよう。
抵抗と楽をあたえず、介助と誘導を携えた快が如く

<玄冬>
今後の蓄積となり、冬本番を迎える前に提供しよう。
馥郁たる「皮膚感覚分析」伝統に則った「運動感覚分析」
滋味のある空間を介して、繋がっていく学びが如く

春夏秋冬の皮膚感で繋がり、皮膚感に流れているのだから、
蠢き、躍動し、変化納まらぬ時、息に生きている感覚。

松果体の振動、移り変わる内分泌腺、鼻腔と原始的感覚。
金木犀を嗅ぎながら、ヒグラシの過ぎし秋は更けゆく・・・。

では、一週間よろしくお願いいたします。

                    

「2014年秋季東京操体フォーラム」 開催決定
今回は11月22日(土)23日(日)の二日間開催いたします。
メインテーマは「操体進化論」です。
特に、22日は場所の都合上、人数が限られておりますので
ご参加希望の場合はお早めにお申し込み下さい。
詳細は以下、「東京操体フォーラムHP」をご確認ください。
http://www.tokyo-sotai.com/?p=813