読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

目的

瀧澤 一寛(たきさわ かずひろ)

以前、陳式太極拳をある方に指導していただいたこと

がある。その中に腰を落とす動作があったが、バスケ

のディフェンスの時の腰の落とし方とは明らかに違っ

た。

 

特に現役の頃、腰を痛めた自分のやり方とは正反対と

いってもいい。

 

何年か前に、GWに開催された足趾の操法®の講習の

中でも、畠山先生に同じように指導していただいたこ

とがある。共通しているのだ。

 

太極拳が良くてバスケが悪いとか、その逆とか、そう

いう話しではない。

 

同じような動作でも目的によって、からだの使い方や

動かし方、意識の持っていきようが異なるということ

だ。

 

競技的な上手さを手に入れるという目的であればそれ

に適う形で努力をすればいい。その目的が「上手い、

下手」の基準なのだから。

 

ただ、からだを壊してしまうようなことがあれば、別

の角度から見直してみてもいいかもしれない。

 

もし、過去の自分と話が出来るなら、こんなことを話

してみたい。

 

「からだにはからだの要求がある」と。

 

受け取るか、受け取らないかは本人次第だけれども。

 

2016年春季東京操体フォーラムは4月29日(金)開催です。

http://www.tokyo-sotai.com/?p=1278

2016年9月 新創生期操体法特別臨床講座 開講!

http://www.sotai-miura.com/?page_id=1018