読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京操体フォーラム 実行委員ブログ

 操体のプロ、東京操体フォーラム実行委員によるリレーブログ

メッセンジャー

岡村郁生(おかむらいくお)

 

生きているということは、生活の場を持っているということですね。

基本的に生活の場とは、人それぞれアプローチする方法があります。

 

生かされているというのは、意識の場を持っているということです。

日々の生活で、時間・空間を共有したパラレルワールドもあるのです。

 

多次元時空的でもあり、未来と過去を捉えて今を生きていること。

宇宙の仕組みを人間の意識下まで通して感じ取っているのです。

 

生きているだけでは、一方通行で流されている方向しか見ませんから。

 

流されていながら、意識で周囲を縦横無尽に感じて意識できるコト。

それは人の”間”を生きて生かされている時間・空間では大切なんです。

 

そういえば・・。

ちょっと前のフォーラムで、邪気を受け気分が悪くなることがあるか?

人の作り出す負のオーラみたいなものを受けてしまう場合についてなど、

語り合ったことがありました。

 

生物かどうかはっきりしないウィルスも、数えきれないほどの微生物も、

怒っている人の吐き出す空気さえも、一種のメッセンジャーです。

エレメンタルとも言えますが、それはどこにでも空間に満ちています。

 

「からだ」の意識、「からだ」の無意識。

自分を見つめている「生命」、それは細胞の感覚でもあり、皮膚感覚。

 

意識を大切にしない場なら、生かされているんだなぁと想いません。

 

ワタシ自身は、生活の場つまり「社会の常識」的意見も大切にしつつ、

生活の場にいる、個の人格を引き上げていくことも大切にしています。

 

真理の探究とは、天然・自然法則の応用・貢献そのものですからね。

 

メッセンジャー

メッセンジャー

  • 作者: キリアコス・C・マルキデス,Kyriacos C. Markides,鈴木真佐子
  • 出版社/メーカー: 太陽出版
  • 発売日: 1999/04/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 15回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 

 

それでは、脱線ばかりしていましたけれど 一週間有り難うございました。

 

明日からは、呟く一言に煌めく意識の変え方を教えてくれる真理の伝承者、

春のフォーラムでも発表してくれる、日下実行委員の登場です。お愉しみに!

 

 

 

2017春季東京操体フォーラム速報!